人材育成

 獣害対策には,各農家の自主的な「自助」としての対策と,集落内の助け合いによる「共助」としての対策が必要です.
 具体的対策には,防護柵の設置と管理,捕獲,追払いなど様々な技術が必要で,それを適切に選択して実施するためのリーダーを集落に育成することが求められています.
 また,共助をささえる「公助」としての獣害対策の専門員を,小学校区〜中学校区単位で配置していくことが,地域の行政サービスとして求められています.
©2014 AMAC AMAC 2014年4月1日公開 /2014年4月1日更新