獣害対策のための調査・分析

生息調査 野外で害獣の痕跡調査や
集落アンケート調査、
住民の聞き取り調査に行い、
被害を出している獣種や、
出没場所などを調査します。

その結果をもとに、
集落にあった対策を提案します。




生息調査 センサーカメラによる撮影や、
捕獲統計を用いて、
階層ベイズ法による
加害獣の個体数推定を行います。


この結果に基づき、
第二種特定鳥獣管理計画の改定作業を
支援します。



効果的な対策のために,まず「敵を知る」ことが肝心です.
集落や地域によって,害獣の生息状況や被害状況は異なるために,その時に行うべき適切な対策が違ってきます.
©2014 AMAC AMAC 2014年4月1日公開 /2020年1月13日更新